Rule: GARUDA

Yuffie Sakimura aka Garuda has been busy creating her upcoming debut album, The Battle of Nightmares, due for release on September 9th. Between filming her new MV, 支配者 (Ruler), and performing live with her idol unit Melon Batake a GO GO, Yuffie-san found time to answer some questions with Beyond Senpai.

Beyond Senpai: Yuffie, how are you?

BS: こんにちは

Garuda: I’m doing very well! Thank you. 

G:とても元気です!ありがとうございます。 

BS:  It has been 3 years since your debut. What is your most memorable moment?

BS: デビューして3年経ちますが、1番の思い出は何でしょう?

G: My most memorable moment was being able to perform live in the UK.
I’m so glad that I didn’t give up on performing.

It wasn’t easy for me to continue with GARUDA on my own. It is very difficult to think about what I want to express, what I am passionate about, what I am actually able to express, and how to create something that can be accepted by everyone. So I was really surprised when I was invited to play in the UK, and I was really happy that I was accepted as an artist there. I vividly remember all three shows of the tour. I think people could tell by my facial expressions that I was nervous at the time, and it was refreshing to get different reactions to each song than in Japan. I still can’t forget how tense I was.

G: 一番の思い出はイギリスでのライブ公演ができたことです。

ステージに立つことを諦めずに続けていて良かったと心の底から思いました。

一人でGARUDAを続けていくことは容易ではありませんでした。自分が表現したいこと、こだわりを持つこと、実際に表現できていること、みんなに受け入れられるものを創ることを考えることはとても難しい問題です。その中で、イギリス公演の誘いをもらったとこは本当に驚きましたし、アーティストとして受け入れてもらえたことが本当に嬉しかったです。ツアーの3公演とも鮮明に覚えています。当時は私が緊張していることが表情でみんなに伝わっていたと思いますし、楽曲ごとに日本と違う反応がもらえたこともとても新鮮でした。あの緊張感は今でも忘れられません。

BS: The new song is great. Were you part of the creative process?

BS: 新曲は素晴らしいですね。今回の制作のなかで、特にクリエイティブだったのはどんなところですか?

G:  Thank you. I’m glad to hear that.

This album was the first time I tried to write lyrics by myself. “Ruler” which I created the music video for, was the first song I wrote, and I completed the lyrics with the help of RIKA:NYAN from Bedtime Story. I didn’t have any knowledge of lyric writing at first, so she was the one who took my emotional writing and applied it to the song.

The whole album is about the struggle with life, and I built it around “The Dominator”. I think I was able to create a narrative in the order of the songs as well as one round. I hope it’s a fight song for myself, and I hope it’s a fight song for everyone.

G: ありがとうございます。そう言ってもらえて嬉しいです。

今回のアルバムは初めて自分で作詞に挑戦しました。MVを創った『支配者』は1番最初にできた曲で、Bedtime StoryのRIKA:NYANに手伝ってもらいながら歌詞を完成させました。最初は作詞に関する知識もなかったので、私の感情のままに書いた文章を曲に当てはめたのが彼女です。

アルバム全体を通して人生との戦いをテーマにしていて、『支配者』を中心として構築していきました。曲の順番も1周すると物語性があるようにできたと思っています。自分自身へのファイトソングとして、みんなにとってのファイトソングになったら良いなと思っています。

Indie Idol and Infamous Tour (London) Photo courtesy of Peter Goodhew

BS: You have an industrial style to the music. Does this help you create your character and performance?

BS: あなたの’industrial style’の曲制作は、ご自身の成長、性格や能力にどのような影響を与えていますか?

G: My original influences were metal and hard rock, before I fell in love with idols myself. My current activities are rooted in the style I originally liked. I love pretty performances, of course, but I consider cool performances to be more suited to me. I think having plague masks and nail bats helps me to create a stronger and darker world.

G: 私自身がアイドルを好きになるよりも先に、元々の影響を受けていたのがメタルやハードロックでした。今の活動は元々私が好きだったスタイルを根源としています。私は可愛いパフォーマンスはちろん大好きですが、クールなパフォーマンスの方が自分に向いていると考えています。ペストマスクや釘バットを持つことでより強く、よりダークな世界を創りだすことができていると思います。

BS:  What was it like on the set of the music video with Neko?

BS: ‘NEKO’さんとのMV撮影現場はどのような感じでしたか?

G: It was so great. She is a really nice lady!

I met NEKO when she was in a group called “Fetties”. I have had her perform at my birthday party. She is a real SM queen.

For this video, I hired a professional production company to work on the project. When I read the script, the first cast member who came to mind was NEKO, whose behaviour and demeanor fit the image I had in mind.
The extras were dressed in very hot outfits and we had to shoot for a long time, so she made everyone feel at ease and cared for them during the shoot.

G: とても最高でした。彼女は本当に素敵な女性です。

NEKOさんとは、彼女が「フェッテーズ」というグループで活動していた時に知り合いました。私の生誕祭にも出演してもらったことがあります。本物のSM女王様です。

今回のビデオはプロの制作会社の方に依頼をしてプロジェクトを進行しました。脚本を読んだとき、立ち居振る舞いがイメージにピッタリなキャストとして、一番最初に思い浮かんだのがNEKOさんでした。

エキストラたちの衣装はとても暑く、長時間の撮影だったので、撮影中もみんなのことを和ませてくれたり、気遣ってくれました。

Garuda and Neko on set. Photo courtesy of Garuda) Twitter)

BS:  The new album will be out soon, what are your thoughts on how it has turned out?

BS: 新アルバムがもうすぐ発売とのことですが、今の心境を聞かせてください。

G: I’m so excited and looking forward to it!

I decided on most things myself including the artwork, compositional images, and lyric production. This album is the first album that I truly created by myself. I’ve learned how hard it is to make an album, and it took me a long time to make, but I’m really looking forward to seeing how people will listen to this album and interpret the meaning of the songs.

G: とても楽しみでワクワクしています!

アートワーク、作曲イメージ、歌詞制作を含めたほとんどのことを自分自身で決めて創りました。このアルバムが本当の意味での初めて自分で制作した作品になります。今回で作品を作る大変さを思い知りましたし、アルバムを作るまでにたくさんの時間が掛かってしまいましたが、みなさんがどんな風にこのアルバムを聴いてくれるのか、曲の意味を解釈してくれるのかがとても楽しみです。

BS:  This is your first solo album. Have you enjoyed working with the creative team?

BS: 今回初のソロアルバム、制作チームとは楽しくお仕事することができましたか?

G: Of course.

I’ve recorded in a group activity before, but most of it was my first time with GARUDA. In the time between adding lyrics to the songs and recording, we received a lot of advice on how to make them even better. Thanks to everyone on the production team, I think the songs turned out great throughout the whole process. I can’t thank them enough.

G: もちろんです。

グループ活動でレコーディングをした経験はありますが、GARUDAでほとんどのことが初体験でした。出来上がった曲に歌詞を付けてからレコーディングするまでの間にも、もっと良い作品にするためにたくさんのアドバイスを頂きました。制作チームのみんなのおかげで全曲を通して最高の楽曲に仕上がったと思います。感謝しても感謝しきれません。

BS:  What artists or bands inspire you? Is there anyone you would like to collaborate with?

BS: 最も影響を受けたアーチスト、バンドは?もし共演できるとしたら誰としてみたいですか?

G: My biggest influence is Marilyn Manson. When I saw their music videos, I was struck by lightning!

The artists I would like to perform with are “Queen Bee” and “Denpagumi.inc”. These two groups have also had a great influence on me and I’ve always admired them.

G: 最も影響を受けたのはMarilyn Mansonです。彼らのMVを観たときは、雷に打たれたような衝撃を受けました。

共演したいアーティストは「女王蜂」「でんぱ組.inc」です。この二組も私に大きな影響を与えてくれたので、ずっと憧れの存在です。

BS:  Do you get time for yourself?

BS: いま、自分の時間は持てていますか?

G: Tough question….. it looks like I won’t be able to settle down much until after the GARUDA sponsored event. (LOL)

G: 難しい質問です…GARUDAの主催イベントが終わるまではあまり落ち着けなさそうです。(笑) 

BS: We miss you in the UK. Do you hope to travel overseas again?

BS: イギリスのファンは寂しがっています。また海外へ行きたいですか?

G: Of course I want to go!

I learned a lot from meeting fans in the UK. It was great to see not only people who live in the UK, but also people who came from neighboring countries to visit us. The reaction to each song was different, and I trained myself to think about what I was going to say during my MCs every day. In Japan, many people would stare at me as I flailed, but at the UK show, people welcomed me with open arms. When I returned to Japan, people would sometimes tell me that my staging had matured.

So far, I’ve had more international fans come to Japan, but if I get the chance, I’d like to visit the UK and many other countries as often as I can.

G: もちろん行きたいです!

イギリスのファンの方々に出会えたことでたくさんのことを学びました。イギリスに住んでいる方だけでなく、近隣の国から遊びに来てくれる方もいて嬉しかったです。楽曲ごとに盛り上がる反応も違いましたし、MCで話す内容も毎日考えることで鍛えられました。日本では私が暴れるのを見つめる人も多いのですが、イギリス公演ではみんなが声を出して歓迎してくれていました。日本に帰国後、ステージングが成長したと言ってもらえることもありました。

今までは海外のファンの方が日本に来ることの方が多いですが、機会ができれば私からも同じくらいの頻度でイギリスやたくさんの国に行きたいです。

BS:  You love Disney, who is your favourite character?

BS: ディズニーが大好きと聞きました。どのキャラクターが好きですか?

G: They’re all so cute it’s hard to choose!

The Nightmare Before Christmas ♥ Depending on my mood, I also like Gellatoni and Alien.

G: みんな可愛くて選ぶのが難しいです!

The Nightmare Before Christmas♥その日の気分によってジェラトーニやエイリアンも好きです。

BS: Do you have a message for your fans?

BS: あなたのファンの為にメッセージを送ってくれませんか?

G: Thank you for always looking out for me!

Thanks to everyone’s support so far, we’ve been able to put out this album. Thank you so much for waiting so long for this album. I hope this work will reach many people.

It may not be easy for me to do it again soon, but I look forward to seeing you again.

G: いつも私のことを気にかけてくれてありがとうございます!

みんながこれまで支えてくれたおかげで、今回のアルバムを出すことができました。長い間待ってくれていて本当にありがとうございます。この作品が多くの方に届くことを願っています。

またすぐには難しいかもしれませんが、また会えるのを楽しみにしています。

Beyond Senpai thanks Yuffie-san for her contribution and taking the time to talk with us. We will continue to support Garuda!

Special thanks to Hideki Narita for his assistance with translating.

Photos are gratefully accepted from the official Garuda Twitter.

To support Yuffie

One thought on “Rule: GARUDA”

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s